料金料金

刑事事件

相談料について

法律相談料 『初回』
30分毎に5,400円、以降15分毎に2,700円
『同一案件の2回目以降のご相談』
30分毎に10,800円

着手金・報酬金について

着手金 報酬金
事案簡明な事件 324,000円 324,000円
その他の事件 432,000円以上 432,000円以上

・事案簡明な事件とは、特段の事件の複雑さ、困難さが予想されず、かつ結果において予想された執務量で結論を得られた事件をいい、起訴前については事実関係に争いがない情状事件、起訴後については公判開廷数が2開廷程度の情状事件をいいます。その他の事件とは、否認事件、示談の必要な事件、複雑な事件などをいいます。
・起訴前の事件を受任し、引き続き起訴後の事件を受任する場合には、改めて着手金を申し受けます。ただし、この場合、事案簡明な事件についての着手金は162,000円とします。
・控訴・上告事件につき、引き続き受任する場合には、改めて着手金・報酬金を申し受けます。この場合、上記金額を減額する場合があります。
・保釈、勾留の執行停止、抗告、即時抗告、準抗告、特別抗告、勾留理由開示等の申立事件の着手金及び報酬金は、協議により、上記着手金及び報酬金とは別途に相当額を申し受けます。