個人のお客様。まずはお困りのことを教えてください個人のお客様。まずはお困りのことを教えてください

遺言

遺言ってどういうこと?

自分が亡くなった後に、子どもたちや親族が自分の財産をめぐってトラブルになることを望んでいる方はいないと思います。本来、自分で築いた財産の使い道は本人が決めるべきものです。しかし、亡くなってしまった後では、自分の意思を表明することはできません。そこで、生きている間に、死後の自分の財産処分などについて意思を文書で残しておくというのが遺言です。
また、遺言を残すことにより、将来、自分の子どもたちなど親族間でトラブルが起こることを防ぐこともできます。

遺言作成のポイント

主な遺言の方式としては、皆様が、遺言の内容の全文、日付、氏名をすべて自分で記載し、捺印をする自筆証書遺言、公証人に作成してもらう公正証書遺言があります。遺言は15歳以上であれば、誰でも作成することができますが、死後に遺言者の真意を確認することが困難であることや、遺言書の偽造・変造を防止する観点から、厳格な要式が定められており、この要式を欠く場合には無効とされてしまいます。
このように遺言は法律の定めに従わなければ無効となってしまう可能性があり、せっかく遺言を残しても、その内容があいまいであったりすると、かえって相続人間のトラブルを招くことになります。また、遺言による自由な財産処分に制限が加えられている相続人の遺留分への配慮も不可欠です。さらに、自分が亡くなった後に遺言の内容を執行する人(遺言執行者)を指定しておくことで、遺言の内容をスムーズに実現することができます。
 
当事務所では、遺言の作成に関するアドバイス、遺言書の作成、遺言執行者への就任などのご依頼をお受けしておりますので、遺言を残すことをお考えの方は、是非当事務所までご相談下さい。

一問一答(相続・遺産分割編)