個人のお客様。まずはお困りのことを教えてください個人のお客様。まずはお困りのことを教えてください

相続・遺産分割

遺産の分け方がまとまらない

「相続人の間で遺産の分け方について、話合いがまとまらない。」、「一部の相続人だけで、不公平な遺産分割の話が進んでしまっている。」、「遺産の不動産はどのように分ければよいのか」、「不動産の評価はどのようにすればよいのか」、「普段付合いのない疎遠な親戚が相続人となっているが、どのように話合いを進めていけばよいか」、「一部の相続人だけに遺産を分ける遺言が残されているが、納得できない」、「亡くなった方に多額の借金があったようなのだが、どのように対応したらよいか。」というご相談をよくお受けしております。
 
「争続」などという言葉で表されることもある相続問題ですが、親族間で争いごとを抱えるのは避けたいものです。しかし、行き違いや様々な事情により、遺産の分割について話し合いがなかなかまとまらず、親族関係まで悪化してしまうようなトラブルに発展してしまうことも少なくありません。一旦話し合いがこじれてしまうと相続人同士の話しいで解決することは容易ではありません。

遺産分割手続きの流れ

遺産分割は、相続人間での話合いにより、遺産分割の方法・内容を決めるのが原則です(協議による分割)。もっとも、相続人間での話合いでは話合いがまとまらなかったり、冷静に話合いをすることができないことも少なくありません。そのような場合には、家庭裁判所の調停手続を利用して話合いを行います(調停による分割)。調停では、調停委員という中立的な第三者が間に入って、話合いを仲介してくれますので、相続人だけで行うよりも、話合いがスムーズに進み、解決につながる可能性が高くなります。調停手続によっても、相続人間での話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所の審判という手続により、適切な遺産分割方法について裁判所に判断してもらうことになります(審判分割)
 
遺産分割では、相続人の範囲、法律が定めた相続分である法定相続分、遺産(相続財産)の範囲や評価、亡くなった方から生前贈与などがなされている場合の特別受益、遺産の維持や増加に特別の寄与をした人に対する寄与分、遺言があっても相続人に保障される遺留分、負債がある場合などの相続放棄、限定承認など検討すべき要素が大きく、その内容も複雑なものとなっています。そのため、適切な遺産分割を行うためには、正確な法的知識・理解に関する弁護士のアドバイスの必要性が高く、また、協議がこじれてしまったような場合には、弁護士が関与して問題を整理していくことにより解決できることも少なくありません。
 
当事務所では、遺産分割協議書の作成、遺産分割協議・調停・審判の代理人、相続放棄・限定承認に関するご相談など相続・遺産分割に関する依頼をお受けしておりますので、相続・遺産分割問題でお悩みの方は、是非ご相談下さい。

一問一答(相続・遺産分割編)

(相続人の範囲)

(相続分)

(遺産の範囲)

(遺産の評価)

(特別受益)

(寄与分)

(遺産分割の方法(手続))

(相続放棄)

(相続人不存在)