個人のお客様。まずはお困りのことを教えてください個人のお客様。まずはお困りのことを教えてください

離婚

離婚を考えているけれど

「離婚を考えているがどのように進めていけばよいか」、「離婚したいけれど相手が応じてくれない」、「離婚の際にはどのようなことを取り決めておくべきか分からない」、「離婚の条件が折り合わない」、「慰謝料・養育費はいくらもらえるの」、「離婚したら、自宅不動産はどのように分けることになるのか」といった離婚問題でお悩みの方は、当事務所へ是非ご相談下さい。

離婚手続きの流れ

離婚は、本人同士の話合いにより、離婚するかどうか、離婚の条件などを取り決めるのが原則です(協議離婚)。もっとも、本人同士の話合いでは条件が折り合わなかったり、冷静に話合いをすることができないことも少なくありません。
 
そのような場合には、家庭裁判所の調停手続を利用して話合いを行います(調停離婚)。調停では、調停委員という中立的な第三者が間に入って、話合いを仲介してくれますので、本人同士で行うよりも、話合いがスムーズに進み、解決につながる可能性が高くなります。
 
調停手続によっても、離婚や離婚条件に折り合いがつかない場合には、裁判(裁判離婚)を提起して、裁判所の判決により、離婚の可否や離婚の条件を判断してもらうことになります。裁判となった場合でも、話合いを行うことは可能であり、条件が折り合うようであれば、和解により解決することも少なくありません。
 
離婚の際に取決めをしておくべきことは、財産分与(不動産、預貯金、年金分割など)、慰謝料、そしてお子様がいる場合には、その親権者、養育費、面会交流などがあります。また、離婚するまでの間の生活費など婚姻費用の分担もよく問題となるものです。
 
どのような条件が適正であるかについては、離婚に至る経緯、夫婦の財産、収入状況などにより変わってきます。また、本人同士の話合いにより条件面での合意ができている場合でも、適正な条件となっているか、お金の支払を伴う場合には、その支払を確保するために必要な対応ができているか(離婚協議書、公正証書の作成など)を押さえておく必要があります。
 
当事務所では、離婚の進め方、適切な離婚条件に関するご相談や、離婚協議書・公正証書の作成、相手方との交渉、調停・裁判の代理人などのご依頼をお受けしておりますので、離婚問題でお悩みの方は是非ご相談下さい。

一問一答(離婚編)

(離婚全般)

(慰謝料)

(財産分与)

(親権)

(養育費)

(婚姻費用)

(氏)