個人のお客様。まずはお困りのことを教えてください個人のお客様。まずはお困りのことを教えてください

債務整理

借金の返済見通しが立たない

様々な事情により、消費者金融からの借入、住宅ローンなどの借金(負債)が大きくなってしまい、その返済の見通しが立たなくなってしまうことがあります。そのような借金・債務の問題でお悩みの方は、当事務所までご相談下さい。

債務整理とは

弁護士に債務整理を依頼すれば、消費者金融など貸金業者からの取立ては止まります。
無理のない条件で返済計画が立てられるようであれば、各債権者との間で個別に話合いを行い、毎月の支払額を減らした条件で和解を進めることができます(任意整理)
 
また、借り入れた元金の返済の目途が立たないようであれば、一定の条件のもとで、債務の一部をカットしてもらう民事再生(小規模個人再生・給与所得者再生)による債務整理が有効です。この手続では、住宅ローンがある場合に、住宅ローンの支払を継続できるようであれば、他の債務を圧縮した上で、自宅を維持することも可能です。
 
どうしても返済の目途が立たないようであれば、破産手続(自己破産)により、債務の返済を免責してもらうことを検討します。
 
どのような方法で債務整理を進めていくのがよいかはケースバイケースであり、負債の額、財産の状況、収入の状況、皆様のご意向などの事情をよくお伺いした上で、皆様にとって最適の方法をアドバイスさせていただきますので、債務でお悩みの方は当事務所までご相談下さい。